樹っ木の日記

静かな木の下で 日々の学び と 遊びうた

運ぶって

f:id:kittuki:20190615220824j:image

 

心告(の)れ水無月の夜の家守かな

 

島木赤彦編の萬葉集を読んでいた。

 

ざわざわと

家守騒動。

幸運、財運…

運んでくれるとなれば

話は盛り上がる。

 

大きな幸せは永遠では無いだろうし

お金はあればあるだけ

使えるタイプ。

 

ただ、

小さな幸せを沢山しょってみたいとは

思う。

 

ゴーンとした鐘の音や抉るような強烈は

わたしには出来なくなったかな。

 

守って欲しいのに

凛と

守ってあげたい。

 

やもりのおかげで

昨夜は娘の添い寝から

解放された夜。

 

思いのままに

告れたら…

 

やもりに、

頼んでみようかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

朝一番

f:id:kittuki:20190516235817j:image 

 

朝一番に、

ドキドキしながら

自分の部屋のドアを開けて

夜に書いた作品を眺める。

 

 

「出来た!よし!できたできたできた!…」

夜中の歓喜の叫びを疑う

時が、ほとんど。

 

昼間に、リビングでもう一度眺める。

この繰り返し。

 

筆の毛が紙と擦れ合う音、

思いがけない線、

機嫌が良い時の筆や紙の状態。

墨も色々トライ。

 

ワタシのココロの状態も

加わる。

これが一番厄介。 

 

静かな樹の下に

いつも居たい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kittuki:20190502024128j:image

 

 

「ママは・・しあわせね・・」 

  「・・・・そうかもね。」 

 

 

今日から令和のはじまり。 

 

思いがけない笑顔の交わりは

しあわせ。

 

もしも・・言葉を失っても 

目で意思が

伝わりあえたら・・。   

 

いつの日か 

そんな素敵な彼が・・娘に。

 

純粋って

いいもの。

 

  

 

銀の指環

銀の指環

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kittuki:20190420224335j:plain 


  
「夢見る夢子ちゃん…も、イイけど…」
 は、師匠からの言葉。 
 作品からの呟き。


 私、センセイに夢を語った記憶は無い…。
 
 
 ①大きく人の心を包み込む作品が
 書けるようになる事。
 ②海外を歩いて…  

 ③好きな人のよろこびを
 抱擁すること。  


 ①は難しいけど、ライフワークに。  

 

メルティング

メルティング

 
 
  
 

 

ロマンチスト

 


芽吹きの美しさは
心を揺らす。

物理の点数を気にして
やや不登校気味の娘には
手を焼く。

「ママは…物理7点だったけども…
  何点とろうと、堂々としなさい!」 
 
 追い出すように登校させた。


 「抱きしめてあげなさい。」 
   担任の先生は、
   可愛らしい人形(ポムポムプリン)を 
   差し出しながら 
   話しかけて来たそうだ。
 
 
  数学と図書館と備前焼とお酒を愛する 
  定年間近の数学のベテラン教師。
   
   
   「なんてロマンチストなの〜!」 
      
    春の雲は過ぎ去った。 

  https://itunes.apple.com/jp/album/%E3%83%9E%E3%82%A4-%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4/389730549?i=389730959&uo=4&at=10l8JW&ct=hatenablog

   

上野さん

 
f:id:kittuki:20190414003011j:plain 
上野千鶴子さんが好き。 

表も裏も全部ひっくるめた 
人間への愛が
有る。 

批判だけでは無い。

弱き者強き者が
助け合う。 

置かれた環境や能力に感謝。
そして…
蔑まない様にと。

どう生きるか…
また考えた。

旅立つ女

旅立つ女