読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

樹っ木の日記

静かな木の下で 日々の学び と 遊びうた

五鳳先生の萬葉百首 9


f:id:kittuki:20170303000054j:image

 

行間が難しい。

五鳳先生、

ごめんなさい!

 

我が良き友よ

我が良き友よ

五鳳先生の萬葉百首 8

五鳳先生の萬葉百首をまねぶ


f:id:kittuki:20170302001802j:image

 

あふみのうみ

夕なみ千鳥

ながなけば心も 

しのにいにしへ

思ほゆ

 

 

五鳳先生の萬葉百首 6


f:id:kittuki:20170301161805j:image

 

ここにして家

やも何処白雲の

たなびく山をこえて

来にけり

 

あの山に弥生のあかり灯そうよ

 

三月入り。

部屋に射し込む光はあたたか。

 

今日の萬葉百首は、

すごく美味しかった。

数えると26文字。

普茶料理の味わいに近いかな。

 

ラプソディ・イン・ブルー

ラプソディ・イン・ブルー

  • 小曽根 真 featuring No Name Horses
  • ジャズ

五鳳先生の萬葉百首 5

五鳳先生の萬葉百首をまねぶ


f:id:kittuki:20170228231755j:image

たかまどののべの

秋はぎいたづらに

さきかちるらむ

みる人なし

 

如月の蕗味噌舐めておはようさん

 

二月も今日まで。

蕗の薹を刻んで油炒め、

砂糖と溝を加えて、クックッ。

芽吹く力をいただくのか、

何となく朝の調子が良い。

 

春よ、来い

春よ、来い

 

萬葉百首 4


f:id:kittuki:20170227232349j:image

かぐ山とみみ

なし山とあ

ひし時たちて

見にこし

印南くに

 

桜色舞うころ

桜色舞うころ

 

春めいて洗濯物が笑う朝

 

 

萬葉百首 3


f:id:kittuki:20170226223729j:image

はる過ぎて

夏来るらししろ

たへの

衣乾したり

天のかぐ山

 

五鳳先生の萬葉百首をまねぶ。

毎日、取り組む。

百首。

 

手

 

 

 

 

 

かはかぜの・・


f:id:kittuki:20170219172045j:image

 水色の空で綾取り春の前(さき)


f:id:kittuki:20170219172056j:image

 

40%オフ。。 

書いてみたかったお清書用紙に

飛び付いた。

 

正価50枚17000円也。

老眼前の不安定な眼、

縮んだ頸椎はわりかし、ごきげん。 

書けるが、しあわせ。