読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

樹っ木の日記

静かな木の下で 日々の学び と 遊びうた

五鳳先生の萬葉百首 16

五鳳先生の萬葉百首をまねぶ


f:id:kittuki:20170311155847j:image

しほざゐにいらこの

しまべこぐふねに

妹のるらむか

あらきしまみ

 

荒ぶれた春風に乗る埃かな

夜の森

夜の森

 

 

五鳳先生の萬葉百首 15

五鳳先生の萬葉百首をまねぶ


f:id:kittuki:20170310182233j:image

 

憶良らは今は

まからむ子なく

らむそれそ

のははも吾を

まつらむ

 

娘の高校受験も修了。

縁あるところで、

縁ある人と出会うんだろう。

故渡辺和子さんのことば、

「与えられたところで、咲きなさい。」

咲けずとも、

誰かのそばに居る。

その人が咲く日を願う女性に

育ってほしい。

 

子守歌

子守歌

  • ミッシャ・マイスキー & パーヴェル・ギリロフ
  • クラシック
  • ¥250

五鳳先生の萬葉百首 14

五鳳先生の萬葉百首をまねぶ


f:id:kittuki:20170307170239j:image

 

たこのうらゆ

うちでて見れば

ましろにぞ

ふ士のたかねに

ゆきはふりけ

f:id:kittuki:20170307170250j:image

街中で見つけた梅の花。

五分咲きくらいかな。

玉肌のような

やわやわしい白さに

薄紅。

 

夜想曲

夜想曲

  • 藤森亮一, 藤村俊介, 銅銀久弥 & 桑田 歩
  • クラシック
  • ¥250

 

五鳳先生の萬葉百首 13

五鳳先生の萬葉百首をまねぶ


f:id:kittuki:20170306232129j:image

 

あしびきの山の

しづくに妹ま

つとわれたちぬ

れぬ山のしづく

 

f:id:kittuki:20170306232146j:image

 

今朝は、

波紋のような雲の隙間から

朝日が見えた。

 

 

 

 

 

 

五鳳先生の萬葉百首 12

五鳳先生の萬葉百首をまねぶ


f:id:kittuki:20170305175642j:image

 

いへにあれば

けにもる飯を

草枕たびに

しあれば椎の

はにもる

 

光風や啓いた庭に草枕

 

心の旅

心の旅

  • ざいつかずお
  • J-Pop
  • ¥250

 

 

 

 

五鳳先生の萬葉百首 11


f:id:kittuki:20170304164523j:image

 

いこま山木立も見えず

ふりみだれ雪の

さわげるあしたたの

しも

 

虚実形式。

何にも無い空間は、

扉の向こうの眩しい光か。  

光がある方を虚ととるか

実と思うか。

 

布理三を書きながら、

「う~ん」

 唸った。

 好き。

 

はるまついぶき

はるまついぶき

五鳳先生の萬葉百首 10

f:id:kittuki:20170303224950j:image

 

天の原ふり

さけ見れば

しらまゆみ

はりてかけた

り夜みちは

よけむ

 

沐浴のガーゼを懐(おも)ふ干瓢かな

 

雛祭り。 

干瓢の下ごしらえをしながら

娘の沐浴の時間を

懐かしんだ。

 

f:id:kittuki:20170303225512j:image

初恋

初恋

  • 村下 孝蔵
  • J-Pop
  • ¥250