樹っ木の日記

静かな木の下で 日々の学び と 遊びうた

むかしべや…

f:id:kittuki:20160217205925j:image

ただみね
むかしべやいまもこひしきほととぎす
ふるさとにしもなきてきつらん

冬桜雀ひとりでトランポリン

朝夕の娘の通学に、同伴している。

お屋敷に佇む草花や樹木から
幸せをもらう。

十月桜。
二月過ぎても、まだまだ咲き続ける。
瀬戸内の温暖な気候とはいえ、
雪舞う日もある。

紅梅の紅、桃の花の桃色、
冬桜のうす紅。

飽きのこないうす紅色の無地のきもの。
空の水色、木肌のグレー茶の小物が
合うかな。帯は…。

朝のひと時、
わたしの心も跳ねた。