樹っ木の日記

静かな木の下で 日々の学び と 遊びうた

つれなきを…

f:id:kittuki:20160618232241j:image

すがのただおむ
つれなきをいまはおもはじとおもへども
こころよわくもおつるなみだか

流せるはひとの心と良きなみだ

嫁入り前に占い館へ。
二十年前に、占ってもらった。
『あなたは、
  ひとの心が見えすぎて大変でしょうね・・』

これに、苦しみもした。

見えるは、
感受のひとつかな…と、
気付いた。

ひとの心を冴え冴えに感じ、受け止める。

瞬時に、その人の心をあたためる。
これが、難しい。
言葉が。。


ただ、さみしげな顔は、
ほおっておけない。

わたしで良ければ…。
と、メリハリテンション上げ、
いざ参上。

『実はわたしも、さみしいんですが…。』

知っているのは、
センセイくらいかな。

未来

未来