読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

樹っ木の日記

静かな木の下で 日々の学び と 遊びうた

なの花を…

f:id:kittuki:20160620224413j:image

菜の花を浮かせ照らすや十三夜
                                          保子

 老人ホームで出逢った保子さん、
 なかなか達者な方。
 
ちょっとグッとくるうたを詠まれる。

ふと思いつき、筆をとってみた。
さらさらと、筆が乗った。

たぶん、いや、もちろん…。
わたしの中では、名歌入り。

詠み人知らずこそ、
普段着ゆえかの
こころに染むものがある。

作られた構成もなく、
『コンナンデキマシタ・・』

書いた一枚見せると、
保子さん大喜びなさった。

わたし、照れて
『遊びですよ~歌がいいから、スルッと。』

年老いてしたい遊びのひとつが、
序の口入りした。


ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調BWV1042 第1楽章:アレグロ

ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調BWV1042 第1楽章:アレグロ

  • カール・ズスケ
  • クラシック
  • ¥200