読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

樹っ木の日記

静かな木の下で 日々の学び と 遊びうた

はつせに…1

f:id:kittuki:20160706161330j:image

はつせにまうでけるごとにやど
りけるひとのいへにひさしく
やどらでほどへてのちにいたれり
ければかのあるじかくさだか
になむやどりはあるをいひいたし
たりければそこにたてり
けるむめの花ををりてよみける

あひたくて宇宙(そら)が気になる夏の夕


f:id:kittuki:20160706162306j:image

『紙がまたすてきですね…』

 書展でふっと、つぶやいたご縁で
 紙の装飾の際に使う木枠を
 譲っていただいた。

美しい料紙は、
書き手の心を揺さぶる。

「先生の木枠のサイズを測りに二階に上がってね…。そんなんで捨てきれずにね…



  暑さ厳しい季節に向かいます。どうぞ、
おだいじになさってください。
 それでは、ごめん下さいませ…。」

 美しい言葉使いに、
 余韻がじんわり。

 あぁ、素敵。

なんどでも

なんどでも

  • 小室 等
  • J-Pop