樹っ木の日記

静かな木の下で 日々の学び と 遊びうた

夏の夜の…


f:id:kittuki:20160806165426j:image

 夏の夜は雪花菜(おから)を炊いて冬思う

 

暑さの厳しい日だが、

8月に入って湿気は減ってきたように、

感じる。

世の中は、理系ばやり。

大学や国の機関は

女子中高生対象の科学技術プログラムを、

提案する。

棒に当たり、ムスメはこの合宿に参加。

好きな地学に割り振りされ、

「座学だと思う・・

  帽子持参って書いていない!」

『まあ、行ってごらん。出あいがあるかもよ・・』

 「地学はごはんが食べれない。物理苦手だ   しね・・」

 子どもは、子どもの生き方がある。

 全て自由だが

 振り返り、

 時流や他人のせいにはしない事を、

 話してきた。

 精一杯してダメならば、

 『仕方がない。』

 夏が終われば、秋の風。

    春夏秋冬は、廻る。

 

ファイト!

ファイト!