樹っ木の日記

静かな木の下で 日々の学び と 遊びうた

いろもかも


f:id:kittuki:20160929203435j:image 

作品書きから二週間経つ。

定番の風邪はひいていないが、

出掛ける日以外は、眠り病。

やっと今日、小筆を。

鈍った神経を起こす。

 

f:id:kittuki:20160929204202j:image

 

華の背を感じるままに風の文

 

昨日、届いた印。

何度も刻りなおしを下さった。

 

果敢に見上げる姿。

華の背を後ろから見続ける姿。

刻って下さった先生の

思いを感じる。

 

押す度に、

思い出す人。

そして、今のわたし。

先生のくださる苦い口が、 

ゴーヤのようで、

滋養でもある。

 

異邦人

異邦人