樹っ木の日記

静かな木の下で 日々の学び と 遊びうた

月夜よし…

f:id:kittuki:20161005235648j:image 

よみびとしらず

月夜よしよしと人につげやらばこて

ふににたりまたずしもあらじ

 

一輪のカサブランカ薫(た)きしむる

星月夜嵐を忘るる虫の聲

 

台風が昼間に通りすぎた。

わたしの心まで嵐が吹いた。

花屋さんで

咲きかけの小ぶりな

一輪のカサブランカを。

 

生々しい百合の吐息は

靄を掃きしめた。

 

策をねるまでも無い。

道すがらに咲く花に

再び出会うような

成り行き。

 

一輪の花に、救われた。