読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

樹っ木の日記

静かな木の下で 日々の学び と 遊びうた

わすれぐさ・・


f:id:kittuki:20161008230750j:image  

f:id:kittuki:20161008230817j:image 

 

f:id:kittuki:20161008230855j:image

 

f:id:kittuki:20161008230924j:image

 

秋初め染まる葉脈色通す

 

ゆっくりと紅葉が始まっていた。

広い大学の敷地内を

夕刻にぶらり。

娘は、 

原生生物学会でミクロの生物を

顕微鏡をとうして観た。 

「可愛い」らしい。

 

「大学の先生は、

原生生物の研究を

物理学と掛け合わして独自の世界へ、

学問を進化させている。」

 

内に取り込み、

独自の書へ進化。 

センセイと同じ。 

 

好きのチカラは、

新しさを

内から産むようだ。

 

川の流れのように

川の流れのように

  • Eric Martin
  • ポップ
  • ¥200