読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

樹っ木の日記

静かな木の下で 日々の学び と 遊びうた

五鳳先生の萬葉百首 11


f:id:kittuki:20170304164523j:image

 

いこま山木立も見えず

ふりみだれ雪の

さわげるあしたたの

しも

 

虚実形式。

何にも無い空間は、

扉の向こうの眩しい光か。  

光がある方を虚ととるか

実と思うか。

 

布理三を書きながら、

「う~ん」

 唸った。

 好き。

 

はるまついぶき

はるまついぶき