樹っ木の日記

静かな木の下で 日々の学び と 遊びうた

大宮より…



f:id:kittuki:20170919235100j:image
f:id:kittuki:20170919235046j:image

野分け行き心の窓も拭き込んで

 

「終点を見定めて!」

と、センセイからの言葉。

 

「何にも考えてないです。」 

五十が近づき、

体力が変わってきた。

 

理論派では無いし。

自分自身の終活含めての

老人ホームでのボランティアは、

得意技かな。

他は…。

 

好きなことをして、

何となく生きてきた。

 

行雲流水。

ここ数年は、人との出会いの時期かな。

 

兎にも角にも、

しばらくは、行成さんを追う。

こちらも、出会い系。